Menu

無駄毛の悩みが皮膚の悩みに?無駄毛の処理法で注意すべきこと

自己処理は肌トラブルの元?

自己処理は道具さえあれば自分の好きな時間に、気軽に無駄毛処理を行うことができます。けれども、自己処理の場合は肌に与えるダメージが大きく、肌トラブルにつながるリスクも高いです。例えばカミソリや脱毛テープ等の場合、肌に余分な負荷がかかり、炎症につながる恐れがあります。毛抜きなどで毛を抜いた際、毛穴から細菌が入ることで腫れや膿を生じさせることもあります。さらに無駄毛処理を行った後、無駄毛の生えるスピードより皮膚の再生スピードの方が早いと、埋没毛となってしまいます。このように、自己処理はやり方を間違えると様々な肌トラブルにつながってしまうのです。

自己処理で肌トラブルを避けるために

自己処理は肌に負荷がかかりやすく、肌トラブルにもつながりやすいです。そこで大切なのが、皮膚への負荷を少なくすることです。無駄毛処理を頻回に行いすぎると、その分肌への負荷も大きくなります。負荷を小さくするためにも、無駄毛処理はある程度間隔を空けて行うようにしましょう。また、無駄毛処理を行った後はしっかり保湿します。無駄毛処理を行った直後は炎症などが起きやすいので、保湿して肌にかかった負荷を軽減させることが大切なのです。なお、自己処理の場合はカミソリ・電気シェーバ―がおすすめです。これらの方法はシェービングクリームで肌を守りながら無駄毛を剃ることができるからです。

専門機関を利用する際も注意が必要

肌への負荷を少なくするためには、サロンや医療機関といった専門機関に任せるのも1つの方法です。ただし、専門機関の場合は毛根に熱を加えることで脱毛を行います。この時毛が長いと熱を多く吸収し、やけどにつながる恐れがあります。ですので、専門機関を利用する場合は事前に無駄毛を短くすることが大切です。

医療脱毛は、皮膚科やクリニックなどの医師が常駐している医療機関でのみ行なえる施術で、脱毛サロンなどとは異なり無料のカウンセリングがなく、施術料金のほかに初診料が別にかかることを知っておきましょう。