Menu

ボトックスでお肌の大敵・表情ジワを退治!

表情ジワは肌の衰えが原因

シワにはそのでき方によっていくつかの種類に分けられますが、その1つに表情ジワと呼ばれるものがあります。

表情ジワは目尻・額・眉間などにできる細かいシワのことです。こうした部位には、笑ったり顔をしかめたりすると誰でもシワができます。ただ、若いうちは表情を元に戻すと自然とシワが解消されます。

ところが、加齢に伴って肌の弾力が衰えると、シワがいつまでも消えてくれません。この「できグセ」がついてしまったシワのことを、表情ジワといいます。

表情ジワを目立たなくするには、2つの方法があります。1つは、スキンケアによって肌のハリを取り戻すことです。そしてもう1つは、筋肉の動きを抑えてシワをできにくくすることです。

筋肉の動きを抑えることなどできるのかと思われるかもしれませんが、美容医療の世界ではすでに実用化されています。ボトックス注射がこれに該当します。

ピンポイントで筋肉の動きを抑える

ボトックスは、神経伝達物質の発生を抑制する働きを持つ薬剤です。この薬を皮下に注入すると、その部分の筋肉が脳からの「動け」という指示に対して反応しにくくなります。

この作用を利用したのが、シワ取り治療としてのボトックス注射です。目尻など表情ジワのできやすい箇所にボトックスを注入することで表情筋という筋肉の動きを鈍らせ、皮膚の過剰な収縮が起きないようにコントロールすることができます。その結果、表面のシワが目立たなくなるのです。

ボトックス注射はメスなどを一切使わずに美容効果を上げる「プチ整形」のメニューとして人気があります。1回の施術で、6か月~1年程度は効果が持続します。

ボトックスとは、ボツリヌス菌の出す毒素を利用した治療法です。シワの改善のほか、眼瞼けいれんや多汗症、脳性麻痺による歩行障害などの治療に用いられます。